2018年09月30日

髪の毛が生えるまでの数か月をどう過ごすのか

薄毛対策の成果がすぎに見えるのなら、やる気は持続します。

でも、育毛では2カ月や3カ月では目に見える成果が出ないことがほとんどです。

ダイエットでは短期間でも成果が出ます。

なので、やる気が出ます。


ライザップなどにお金を出すと、みるみる成果が出ます。

でも、薄毛対策はそう早くには成果が出ない。


では、どうしたらいいのか?


答えは「時間がかかるもの」と覚悟をする。


これだけ。

あまり必死になりすぎない事。

「まだ、生えないのか!!」

などと、鏡を見ては落胆するようでは、心が折れる。


「そのうち、生えるさ」

そういう育毛のことを少し忘れたくらいでいいのです。


植物の種をまいて、毎日、まだかまだかと土を掘り返すようでは、植物の生育に障害となりますよね。


髪の毛も同様です。

「くそ!!どうして生えないのか?」

などとあせらないこと。


Fotolia_51129718_XS.jpg

焦らずに以下の項目を守りましょう。


抜け毛を防ぐにはよい育毛剤と発毛サプリメントが必須です。

普通の食事だけでは、体質改善のスピードが遅いのです。

あなたも、お忙しいでしょうから、まず確実に生やす育毛サプリメントと育毛剤をここで、発表します。

■■育毛サプリメント■■

スピルリナ

レシチン

ビタミンE

■■育毛剤■■

アロエ成分含有育毛剤

ミカンエキス成分含有育毛剤

以上。

育毛剤はヤフー・オークションで、1500円〜2000円で、多数出品されている手作り育毛剤が良い。

また「マミヤン アロエ原液」も非常によいです。

育毛剤は自分に合ったものでないといけませんが、もし「これだ!!」というものに出会っていないなら、上記のものをオススメします。

さて、お時間のある方は、ハゲ治療11か条を読んで、今後の育毛生活に役立ててください。

11か条は、著書「光頭学研究」より引用します。コメントは私が記載します。

1条;健康に注意すべし
→当然です。体が衰弱しきっていては、髪の毛まで生命力パワーが行かないのです。

2.睡眠を十分にとるべし
→基本中の基本です。どれだけが十分かといえば、7時間以上と断言します。髪の毛を増やしたければ、7時間、できれば8時間が必要です。
6時間では育毛の努力、つまり食事、育毛サプリメント、育毛剤、育毛マッサージなどの努力が実を結びません。
もし、もしもあなたが「かなり育毛の努力をしたのに、生えないなぁ〜」と思うのなら、まずは睡眠時間をチェックするように。
7時間以上を確保しましょう。現代人には困難かもしれません。
しかし、それがムリなら、かなり育毛でのハンデがあります。

3.食生活に注意すべし
→肉をつつしみ、魚、野菜をとること。
私は10日くらい、ある理由により肉食を続けたことがありましたが、その脱毛効果(?)には驚きました。
肉の脱毛効果は大きいのです。
遺伝的男性型体質でない人なら、びくともしないのでしょう。
しかし、
しかし、しかし、
遺伝的薄毛の人は、反応するのです。
肉に髪の毛が敏感に反応するのです。
アトピーの人で、たまごに反応する人がいるように、
高血圧の人が塩辛い食事で反応するように、
牛乳アレルギーの人が牛乳一口で下痢するように。

4.頭皮を清潔に
→フケやカユミはハゲの前兆です。洗髪は毎日でもよいですが、
「スカルプD」のような、優良なものを使用したいものですね。
よく、「浮浪者のような人にはハゲがいない」という俗説があります。

たしかに私が見ても、髪の毛は異常に多いような気がします。
しかし統計では証明されていません。
ただいえることは、遺伝的に若ハゲでなければ、少々不潔にしていても毛は生えるし、少々栄養不足でも、遺伝的な影響がなければ、髪の毛は抜けないのです。
不公平ですが、しかたないのですね。

できることを着実に実行する。

そうすると、ある日気づいたら、あなたの髪の毛は、ぼうぼうに生えているのです。


Fotolia_55789779_XS.jpg

posted by 髪生える at 18:16| 育毛の成果が見えないとき

2018年02月14日

もうハゲは治らないのか?と悩んだときに読みたい言葉

yubi-man04_m.png

薄毛は簡単には治せません。

体験者だからよくわかる。

「育毛剤を朝と晩に振りかけて、それで生える」

などということにはならないのです。

そうなら、いいのだけれどもね。

なかなか成果が出ず「もう、髪の毛は生えないのではないのか?」と心が折れそうなら、次のポイントを実行してほしい。


1.野菜不足ではないのかと考える。

育毛の3原則の一つ。

「野菜を平均的な日本人の3倍を目指して摂取する」

これができていないのでは?

私が昭和56年に出会った本「みるみる髪が生えてくる」では、野菜の重要性が書かれていました。

野菜の部分がキモなのだ、と感じたので野菜摂取に努力しました。

それが、成果につながったね。

野菜ジュース、野菜スープも併用して、摂取量を多くしましょう。

ブロッコリー成分の「緑でサラナ」などがよいです。

サンスターの製品ですね。

スーパーで売っているところもあります。


次には、

2.薄毛要因抑制成分をとる

こと。

プロペシアやミノキシジル・タブレットはお勧めしない。

危険だとボクは思っているのです。

体験したからね。

もう二度と近づかない。

飲むクスリには。


安全でかつ健康にもよいものを体内に取り入れつつ、ハゲ要因を押さえつけるのです。


ベストはメンズミレット。

ハゲ要因を押さえつける成分が数種類配合されており、これが発毛の効果を高める。

3か月飲み続ける。

1か月に3本飲むのが効果的。

まだ飲んでいないのなら、今日から飲みましょう。

回生堂メンズミレット


Fotolia_71481324_XS.jpg
posted by 髪生える at 20:57| 育毛の成果が見えないとき

2016年04月11日

髪はもう生えないと思える時の考え方

育毛に努力しているのに、髪が生えない時には心が折れてきます。

「こんなに努力しているのに、生えないのは、ハゲは治せないということなのか・・・・?」

ハゲは不治の病なのか?

そういう思いに駆られるはずです。

人間は成果が見えないことに対して、努力をし続けることはできません。

成果が出ると信じられることに対してのみ、努力をすることができるのです。

だから、3か月努力して成果が見えないと、「もう、やめた」とあきらめる人が出てきます。

ということは、3か月で何らかの成果を出せないといけないということです。

3か月で「おお、これならいけそうだ」と確信できる方法を実践することなのです。

これ以外に、薄毛対策を継続することは難しいのです。

いくつか、発毛の確率の高い方法があるので、あなたに合致した方法を、まずは見つけることです。

参考までにいっておくと、育毛剤だけで生やそうというのは、たぶん成功しません。

右矢印1 遺伝による男性型脱毛症にはこの方法




Fotolia_51287222_XS.jpg
posted by 髪生える at 04:52| 育毛の成果が見えないとき

2015年06月06日

薄毛対策とイワシの缶詰

薄毛対策にイワシの缶詰が効く。


若ハゲ治療に秘伝なしと私は長年の育毛体験から、断言できます。

「人気育毛剤で若ハゲが治った。」

「高価な育毛サロンですぐに若ハゲからフサフサ頭によみがえった。」

「育毛シャンプーを使用していたら、いつの間にか若ハゲが完治していた」

などということがあれば、どんなにかうれしいことでしょう。

けれども、そういうことは、起きないのです。


Fotolia_38069350_XS.jpg

女性の場合はあるかもしれません。

また、男性でも、ハゲ体質ではなく「特殊な原因で一時的にハゲている場合」は、そういうことがあるかもしれません。

しかし。

しかし、男性型脱毛症を遺伝的に持っている場合は、なかなか、簡単には生えません。

育毛剤1本で生えるようなものではないのです。

男性型脱毛症の遺伝子が発動を開始した24歳の時から、すでに33年が経過したのです。

33年も男性型脱毛症と過ごしてきた私にはようくわかってます。

長期戦を覚悟しないと、そうやすやすとは髪の毛は生えません。

「おお、もう面倒だ!!」

といって、育毛生活を中止すれば、それまでです。

でも、辛抱強く育毛生活を実践してほしいです。

今回は詳しくは述べませんが、髪の毛がはえるだけでなく、うれしい副産物が山のように、育毛生活には付随してきます。

ずばり、心身のためによいことがたくさんあるわけです。

ネット上でも、あるいは書籍や、テレビなどでも育毛ノウハウは語られています。


髪の毛を生やすノウハウは、すでに公開されているのです。

「育毛に秘伝なし、シークレット情報なし」

というのが、私の主張です。

では、さっそく結論から言いましょう。

育毛の成功のためには、基本は3点です。

1.育毛に効果のある食品の摂取

2.発毛に役立つ育毛剤と育毛シャンプー

3.育毛生活(マッサージなど)の実践

なのです。

このブログでは、特に重要な育毛に効果のある食品について、これから述べていきたいと思います。

若ハゲ和歌が対策に効く食品はハッキリしています。

いくつかあります。

「いわしのカンヅメ」

は特に重要です。

ノーベル医学生理学賞からの大発見である、核酸の研究から生まれたもので、

医学博士 ベンジャミン・S・フランク博士の主張していることなのです。

よくある健康雑誌の「若ハゲの治療体験談」レベルではないのです。

育毛に成功した個人的な体験レベルではないわけです。

若ハゲ治療の情報として、信頼性が高いです

ベンジャミン博士は「髪の毛のためには、週に4回 イワシ缶詰を食べよ」

とアドバイスしています。

髪の毛だけでなく、身体が若返るのに非常に効果があるからです。

こんな簡単で、若ハゲ治療効果のある方法ですから、今すぐ実行してほしいものです。

週に4回、確実にイワシのカンヅメを食べようではないですか。

一缶100円〜200円のイワシのカンヅメを、食べて髪の毛を増やす「実践」をすることです。

髪の毛が生え、若ハゲとはオサラバです。


イワシのカンヅメよりも、テレビで宣伝されている育毛剤のほうが、発毛効果が大きいと思っている?


それは大きな勘違いなのです。

核酸による若ハゲ治療効果は、世界のトップレベルの人が説明していることを、忘れずに。

発毛を信じて食べ物を食べたほうが、実効性は高まりますのでね。

イワシ缶詰を週に4期食べるのは意外と困難です。

その場合には核酸サプリメントを利用することです。

核酸があなたの身体を、髪の毛も含めて若返らせるのです。


遺伝子レベルでアンチエイジング【核酸サプリ】



3353863_0.jpg





posted by 髪生える at 18:50| 育毛の成果が見えないとき

2015年01月11日

もう髪が生えないかもしれないと思ったら変化をつける

私は、努力次第で髪の毛は生えると知っています

実感しているんです。

薄毛遺伝子があっても髪の毛は生える。

そのことは自作の育毛マニュアルにも書きました。

⇒ 「薄毛体質であっても髪が生える本当の方法」

もし、あなたがこの1年間、何らかの成果が見えないなら、その方法は中止します。

今日は2015年1月11日ですが、今年の目標に育毛を取り上げた人もいるはずです。

その人は去年1年で成果が感じられないものは、今年は捨て去っておくことです。

同じことをしたら同じ結果となります。

新しい育毛法を実行し始めることです。

言いかえると、2014年に成果が感じられた方法は今年も継続すること。

ただし、それに何かを付け加えるという「変化」も起こさなくてはなりませんよ。

一つのヒントとして核酸育毛法を実行するのはいい方法です。

これは効果が出やすい。

ベンジャミン・フランク博士の言うように、核酸を摂取すると髪の毛が多くなるんですよ。

posted by 髪生える at 20:34| 育毛の成果が見えないとき