育毛レポート

薄毛対策であっても髪が生える本当の方法

2015年03月31日

20代の薄毛にどのような対策を講じるのか

20代で薄毛化が進行したら、どうすればいいのか

ハゲは何歳から気にならなくなるのでしょうか?

答えは

「いつまでも、気になる」

のではないかと思います。

私の知人の中には年齢が70代、80代の人もいますが、髪の毛の薄い人は、季節を問わず「帽子」をかぶっていることが多いです。

失礼なので「今でもハゲが気になりますか?」などとは聞けません。

けれども、高齢者にも育毛剤を買う人が多いことから、いつまでも、髪の毛はキープしたいのでしょう。

たしかに高齢者にも育毛の希望はあるのですが、なによりも問題は20代での薄毛。

恋の季節にハゲが始まったら悲惨。

育毛関連の書籍にはよく、ハゲたために家族が父親を人に紹介したくない事例や、ハゲてきたら恋人との関係が微妙に変化してきた事例など、多いです。

また、薄毛が進行し、カツラをつけた男性が、「おれ、かつらなんだ」と告白したら、あっさり彼女に別れを宣言された事例もあります。

私の長年の事例研究では、ハゲてもモテるひとはいます。

ハゲだからみんなモテないわけではないです。

けれども美人の女の子がモテるように、男も髪の毛があったほうが恋愛面では有利なのはたしか。

髪の毛を生やしたい人は、以下のレポートも読んでください。

一番オーソドックスな育毛術は、以下のレポートにまとめました。


鏡の中の自分にOKがだせる薄毛解消法


また、薄毛は髪の毛が太く生育すると、解消されます。

細い髪の毛を太くそだてるならば、このレポートが最適ですし、再現性も非常に高いのです。

「もう髪の毛は生えないのだ」と絶望する必要はありません。

yubi-man04_m.png

posted by 髪生える at 23:43| 20代薄毛