育毛レポート

薄毛対策であっても髪が生える本当の方法

2014年03月21日

発毛法則で生える

生えないと悩むときに実行する発毛の法則の1〜3法則

髪の毛が薄い悩みを解決する対策は約20個ありますが、


そのうち特に重要なベスト3とも言えるものを紹介しましょう。


このベスト3を守るだけで、髪の毛の感じが大きく変化することでしょう。

では、さっそく行ってみよぅ。


髪の毛が薄い悩みに効く法則 その1

睡眠時間を7時間以上取る。

これは育毛のために重要な原則です。

睡眠時間が5時間〜6時間では、おそらく髪の毛は生えにくいと思います。


薄毛体質の人は7時間は確保しましょう。


遺伝的に薄毛の体質でない人は、5時間程度の睡眠時間でもハゲません。

うらやましいです。

薄毛体質の人は、睡眠時間を削ると、髪の毛をもろに失う結果となります。


これは薄毛の法則ですので、守るしかないのです。


「仕事が忙しかったから5時間しか眠れなかった。仕事熱心なのは良いことなので、ハゲにならない」

というわけにはいかないのです。

5時間程度の睡眠だと薄毛の進行は止まりません。


原因と結果。

遺伝的に薄毛の人が睡眠時間を十分にとらないと薄毛になっていく、という冷徹な、かつ公平な法則があるのです。

私も25歳から50歳の今までに3回ほど薄毛の恐怖を味わった時期があったのです。


その最初のハゲを感じた時の原因の大きなもののひとつは、睡眠不足です。



会社がとんでもなく忙しくストレスと睡眠不足にやられたのです。



ストレスと睡眠不足が、私の薄毛遺伝子を刺激して、薄毛遺伝子を目覚めさせたのです。


睡眠不足が脱毛を呼び寄せたのだと思いますね。



睡眠時間が7時間以内なら、高価な育毛剤も効果を発揮しません。


どくだみ酒のような体質改善の育毛酒さえも、薄毛体質改善の成果が出にくいのです。

発毛サプリメントも、睡眠が不足すると発毛につながりません。


ですから7時間、できれば8時間の睡眠をとりたいものです。

時間帯は11時ころに布団やベッドに入れるといいのです。

睡眠の質が高まるのですよ。


参考:育毛睡眠法解説ブログ

髪の毛と肌は、密接な関係にあります。

睡眠不足は肌に悪いことは常識です。

肌によくないことは、髪の毛にもよくないのです。


さて、2と3の法則も書きたかったのですが、時間切れです。
次回に書きます。

【発毛法則の最新記事】
posted by 髪生える at 20:58| 発毛法則