育毛レポート

薄毛対策であっても髪が生える本当の方法

2011年01月03日

薄毛対策の成果が見えないとき

薄毛対策の成果が見えずに、心が折れそうなあなたに。


育毛は時間がかかるので、なかなか成果を出すまで「努力の継続」が難しい。



けれども、努力の方向が間違っていないなら、


「具体的な努力に、具体的な結果があらわれる」


ということが言えます。


育毛ではなく「腕立て伏せ」で考えてみましょう。


あなたが今日、腕立て伏せをできるかぎり数多くしようとします。


仮に、その結果は「50回」としましょう。

1ヶ月後、あなたがまた腕立て伏せをおこなったとすると、おそらく「50回」でしょう。


そして6ヶ月後、また腕立て伏せを全力で行ったとしたら、これもまた「50回」でしょう。



ところが、


あなたが今日腕立て伏せをおこなって、限度が「50回」とします。


「絶対に、腕立て伏せの回数を増やしてやる」

と決意して、毎日、腕立て伏せをトレーニングしたとします。


毎日腕立て伏せのトレーニングに20分時間を使うことにしたとする。


すると、1ヶ月後は「50回」以上、きっとできるでしょう。


60回か、あるいはそれ以上かもしれません。


そしてまた毎日腕立て伏せのトレーニングを20分行うとします。


6ヶ月後は「50回」をきっと超える回数ができるようになるでしょう。


あなたも、「常識」としてこのことはわかると思います。



じつは、薄毛対策も、これと同様なのです。


薄毛対策をしようと決意して、コラーゲンを飲む、ノコギリヤシを食べる、レシチンを食べる、スピルリナを食べる。


明日、髪がフサフサになっていることはないでしょう。


けれども、髪の毛にとってよい成分が血液に溶け込んで、毛母細胞に、毎日、毎日、届けられていたら、「そのまま」と考える方が無理ではないでしょうか。


少しずつ、変化は起こるはずなのです。
posted by 髪生える at 15:21| 育毛の成果が見えないとき