育毛レポート

薄毛対策であっても髪が生える本当の方法

2015年06月06日

薄毛対策とイワシの缶詰

薄毛対策にイワシの缶詰が効く。


若ハゲ治療に秘伝なしと私は長年の育毛体験から、断言できます。

「人気育毛剤で若ハゲが治った。」

「高価な育毛サロンですぐに若ハゲからフサフサ頭によみがえった。」

「育毛シャンプーを使用していたら、いつの間にか若ハゲが完治していた」

などということがあれば、どんなにかうれしいことでしょう。

けれども、そういうことは、起きないのです。


Fotolia_38069350_XS.jpg

女性の場合はあるかもしれません。

また、男性でも、ハゲ体質ではなく「特殊な原因で一時的にハゲている場合」は、そういうことがあるかもしれません。

しかし。

しかし、男性型脱毛症を遺伝的に持っている場合は、なかなか、簡単には生えません。

育毛剤1本で生えるようなものではないのです。

男性型脱毛症の遺伝子が発動を開始した24歳の時から、すでに33年が経過したのです。

33年も男性型脱毛症と過ごしてきた私にはようくわかってます。

長期戦を覚悟しないと、そうやすやすとは髪の毛は生えません。

「おお、もう面倒だ!!」

といって、育毛生活を中止すれば、それまでです。

でも、辛抱強く育毛生活を実践してほしいです。

今回は詳しくは述べませんが、髪の毛がはえるだけでなく、うれしい副産物が山のように、育毛生活には付随してきます。

ずばり、心身のためによいことがたくさんあるわけです。

ネット上でも、あるいは書籍や、テレビなどでも育毛ノウハウは語られています。


髪の毛を生やすノウハウは、すでに公開されているのです。

「育毛に秘伝なし、シークレット情報なし」

というのが、私の主張です。

では、さっそく結論から言いましょう。

育毛の成功のためには、基本は3点です。

1.育毛に効果のある食品の摂取

2.発毛に役立つ育毛剤と育毛シャンプー

3.育毛生活(マッサージなど)の実践

なのです。

このブログでは、特に重要な育毛に効果のある食品について、これから述べていきたいと思います。

若ハゲ和歌が対策に効く食品はハッキリしています。

いくつかあります。

「いわしのカンヅメ」

は特に重要です。

ノーベル医学生理学賞からの大発見である、核酸の研究から生まれたもので、

医学博士 ベンジャミン・S・フランク博士の主張していることなのです。

よくある健康雑誌の「若ハゲの治療体験談」レベルではないのです。

育毛に成功した個人的な体験レベルではないわけです。

若ハゲ治療の情報として、信頼性が高いです

ベンジャミン博士は「髪の毛のためには、週に4回 イワシ缶詰を食べよ」

とアドバイスしています。

髪の毛だけでなく、身体が若返るのに非常に効果があるからです。

こんな簡単で、若ハゲ治療効果のある方法ですから、今すぐ実行してほしいものです。

週に4回、確実にイワシのカンヅメを食べようではないですか。

一缶100円〜200円のイワシのカンヅメを、食べて髪の毛を増やす「実践」をすることです。

髪の毛が生え、若ハゲとはオサラバです。


イワシのカンヅメよりも、テレビで宣伝されている育毛剤のほうが、発毛効果が大きいと思っている?


それは大きな勘違いなのです。

核酸による若ハゲ治療効果は、世界のトップレベルの人が説明していることを、忘れずに。

発毛を信じて食べ物を食べたほうが、実効性は高まりますのでね。

イワシ缶詰を週に4期食べるのは意外と困難です。

その場合には核酸サプリメントを利用することです。

核酸があなたの身体を、髪の毛も含めて若返らせるのです。


遺伝子レベルでアンチエイジング【核酸サプリ】



3353863_0.jpg





posted by 髪生える at 18:50| 育毛の成果が見えないとき