育毛レポート

薄毛対策であっても髪が生える本当の方法

2015年08月16日

頭皮マッサージを薄毛対策に取り入れる

髪の毛を増やす場合に重要なポイントは頭皮マッサージです。

育毛に必要な技術の最大のものとも言えましょう。

ハゲ男性の悲哀を描いたマンガ「ハゲしいな桜井くん」でも、よく鏡の前で頭皮マッサージをする姿がでてきますね。

桜井クンは努力のかいなくハゲていったのですが、実際には頭皮マッサージには育毛効果はあるのです。


髪の毛をみるみる生やすには必須項目というべきものですね。

注意ポイントとして、強く刺激を与えすぎては逆効果。

Fotolia_55789779_XS.jpg

先日、数人の30代〜50代のサラリーマンらしき人たちが、飲み屋でハゲについて話をしてた。

「○○が、数年前に育毛剤つけてブラシでたたきすぎて、頭から血が出たらしい」

皆、大笑い。

その場にいない本人は、髪の毛を早く増やそうと、必死の努力の結果、強くたたきすぎたのでしょう。

いくら発毛の努力をしても、脱毛につながる危険な方法では、髪の毛は生えるものではないのです。

頭皮を刺激をするにも、コツを知る必要がある。

あなたに、信頼の置ける散髪屋があれば、聞いてみると良い。

「ハゲと頭皮の硬さは、関係あるか?」と


結論から言うと、頭皮がピッタリと頭蓋骨にへばりついているようであれば、育毛に大切な血液が、髪にまで届かないのです。


私は19歳の時、散髪屋で、

「頭が固いですよね〜。頭皮に余裕がないんですよ。頭が固い人はハゲに注意してください」

と理髪師に言われた。


ハゲに注意して、とだけ言われても困る。


「対処法を言えやぁ〜!!」

と言いたい気持ちを抑えていました。

対処法を言ってくれなくては、何の役にも立たない情報であり、ハゲの恐怖感と心配が増えるだけ。


散髪屋さんのいうとおり、髪の毛に血液が届くように、頭皮には余裕が必要なのです。

私の頭皮は頭蓋骨にへばりついた感じです。

髪の毛が非常に多い妻の頭をもんでみると、

「肉がある」

というか

「頭皮がぐわんぐわんと動く」

のです。

頭皮と頭蓋骨の間に肉があるので、その間を血液がスムーズにどんどん流れていくわけですね。

頭皮緊張説

この男性ホルモンによるハゲの原因説とともに、非常に有名な「ハゲの原因は頭皮の緊張である」という説も、私はありうると確信しています。

ですから、育毛を意識したマッサージで、頭皮に余裕を持たせ、血流を促進することが重要なのです。


ここで、最大の重要なポイントは、

「決してこすってはいけない」
ということです。

髪の毛は、こすられると非常に弱いからです。

育毛の阻害原因になります。

髪に刺激を与えることで、育毛に成功した事例は、適度な刺激を与えた場合だけです。

先の話のように、養毛剤をつけて、ブラシで血がでるまでたたいてはいけません。

早く効果をだそうと、強く刺激しすぎると、かえって、ハゲを引き起こす可能性があるのです。

頭皮マッサージの一番よいのは、質の良いシャンプーで髪を洗うときに、頭皮をもむように刺激をあたえること。

そしてヘアパックをつけて頭皮をもむことも発毛を早めます。

ヘアパック療法は薄毛対策において最も効果の高いものです。

右矢印1 ヘアパック療法なら2か月で生えそろう

Fotolia_51129718_XS.jpg


posted by 髪生える at 11:25| 育毛への努力