育毛レポート

薄毛対策であっても髪が生える本当の方法

2015年01月11日

もう髪が生えないかもしれないと思ったら変化をつける

私は、努力次第で髪の毛は生えると知っています

実感しているんです。

薄毛遺伝子があっても髪の毛は生える。

そのことは自作の育毛マニュアルにも書きました。

⇒ 「薄毛体質であっても髪が生える本当の方法」

もし、あなたがこの1年間、何らかの成果が見えないなら、その方法は中止します。

今日は2015年1月11日ですが、今年の目標に育毛を取り上げた人もいるはずです。

その人は去年1年で成果が感じられないものは、今年は捨て去っておくことです。

同じことをしたら同じ結果となります。

新しい育毛法を実行し始めることです。

言いかえると、2014年に成果が感じられた方法は今年も継続すること。

ただし、それに何かを付け加えるという「変化」も起こさなくてはなりませんよ。

一つのヒントとして核酸育毛法を実行するのはいい方法です。

遺伝子レベルでアンチエイジング【核酸サプリ】


これは効果が出やすい。

ベンジャミン・フランク博士の言うように、核酸を摂取すると髪の毛が多くなるんですよ。


posted by 髪生える at 20:34| 育毛の成果が見えないとき