育毛レポート

薄毛対策であっても髪が生える本当の方法

2013年10月04日

髪の毛が生えるまで「待つ」ことも大事です


薄毛は簡単に治るものではありません。



というのは髪の毛はすぐに生えてくるわけではないからです。




体や頭皮の環境が整い新しい髪の毛が生えてくるまで、最低でも3カ月は様子を見ましょう。



あせらずに、「待つ」勇気を持つべきなのです。



たとえば、



ドクダミ、ゴマ、レシチンを飲みながら、数か月後に訪れる歓喜の時を想像しながら待つことですよ。




ドクダミ、ごま、レシチン発毛法;理論編


ドクダミ、ゴマ、レシチン発毛法:書籍レビュー編




希望をもって待つことなのです。




また薄毛対策には生活習慣を見直すことが大切です。




いくら頭皮に良いとはいえ、育毛剤を外側から塗布するだけでは薄毛対策は不十分。





体の環境を整え内側から薄毛対策をすることで、抜けにくく丈夫な髪を増やすことができるのです。




では生活習慣を正すにはどのようなことを行えば良いのでしょうか。




まず一つは食事です。髪の毛は食事から取り入れた栄養によって生成されるので、バランスの良い食事を毎日規則正しく取ることが大切です。




また体を動かし適度な運動をすることで血行が促進され、新陳代謝が上がります。





するとターンオーバーが正常になり育毛サイクルも改善していきます。




そしてストレスを溜め過ぎないこと、睡眠をしっかりと取ること、タバコやお酒は控えめにすること。




またシャンプーのしすぎにより頭皮にダメージを与えることもあります。




夏場であってもシャンプーは1日1回までにしておきましょう。

posted by 髪生える at 21:46| 待つこと