育毛レポート

薄毛対策であっても髪が生える本当の方法

2018年02月14日

もうハゲは治らないのか?と悩んだときに読みたい言葉

yubi-man04_m.png

薄毛は簡単には治せません。

体験者だからよくわかる。

「育毛剤を朝と晩に振りかけて、それで生える」

などということにはならないのです。

そうなら、いいのだけれどもね。

なかなか成果が出ず「もう、髪の毛は生えないのではないのか?」と心が折れそうなら、次のポイントを実行してほしい。


1.野菜不足ではないのかと考える。

育毛の3原則の一つ。

「野菜を平均的な日本人の3倍を目指して摂取する」

これができていないのでは?

私が昭和56年に出会った本「みるみる髪が生えてくる」では、野菜の重要性が書かれていました。

野菜の部分がキモなのだ、と感じたので野菜摂取に努力しました。

それが、成果につながったね。

野菜ジュース、野菜スープも併用して、摂取量を多くしましょう。

ブロッコリー成分の「緑でサラナ」などがよいです。

サンスターの製品ですね。

スーパーで売っているところもあります。


次には、

2.薄毛要因抑制成分をとる

こと。

プロペシアやミノキシジル・タブレットはお勧めしない。

危険だとボクは思っているのです。

体験したからね。

もう二度と近づかない。

飲むクスリには。


安全でかつ健康にもよいものを体内に取り入れつつ、ハゲ要因を押さえつけるのです。


ベストはメンズミレット。

ハゲ要因を押さえつける成分が数種類配合されており、これが発毛の効果を高める。

3か月飲み続ける。

1か月に3本飲むのが効果的。

まだ飲んでいないのなら、今日から飲みましょう。

回生堂メンズミレット


Fotolia_71481324_XS.jpg
posted by 髪生える at 20:57| 育毛の成果が見えないとき

2018年01月06日

薄毛対策で生えない人も生えてくる

もう生えない、と絶望しないでください。

私も20代前半で絶望感を感じましたが「なんとかなった」のです。

遺伝的なハゲだったので、「ハズレくじを引いてしまったのか」と暗い気持ちになったものでした。

でも、なんとかなった。

遺伝的な薄毛体質であっても、努力しだいなのです。

努力の方向が正しければ、成果につながるのです。

「でも、いろいろやっているのに、髪の毛が増えないのだ」

という人もいるかもしれないです。

私の経験から言うと、成果が出ない人の問題点は3点あります。

1.野菜不足

2.薄毛原因を押さえつける成分を摂取していない。

3.育毛剤を主役にして失敗している


ネットでのハゲの悩みを見ていて、上記の3つが、生えない人の問題点だと思いました。

成果が出ない人は「奥義」を一度読んでほしい。

⇒ 育毛の「奥義」があった



yubi-man01-2_m.png
posted by 髪生える at 18:50| 薄毛原因除去

2017年11月23日

もう生えないと絶望するのは、まだ早い

Fotolia_51129718_XS.jpg

育毛の努力をしている人も、1年間頑張って髪の毛が生えないと心が折れることでしょう。
ですから、なんとしても「短期で生やす」ことが必要。

また、これは育毛の真実なのですが「短期集中」しないと生えないのです。
集中的に育毛の努力をする。
これが秘訣。

「少しずつ、徐々に生やしていけばいい」というのはNGです。

3か月〜6か月の間集中的に努力して、髪の毛を復活させる。

あるいは「発毛のきざし」を実感できないと、心が折られる。

必要なのは、

野菜成分
育毛サプリ
育毛コラーゲン
アミノ酸
ビタミンE

など。

お金と時間を酋長的に育毛に投入しましょう。
これは大いなる育毛の秘訣なのです。

継続率93%!回生堂メンズミレット


Fotolia_55789779_XS.jpg
posted by 髪生える at 18:53| 髪が生えないとき

2017年09月30日

秋の薄毛に絶望感を感じる時

今日は9月30日。

朝晩「冷たいな」と感じるようになりました。

9月〜12月は薄毛が進みやすい。

理容室に行くと、大きな鏡に映った自分の姿を見て、

「ああ、こんなにも額が後退してきたぞ!!」

と焦ることになる。

しかし、焦っていてもしかたがない。

育毛は、心を落ち着けて、成果の出る方法をたんたんと実行するしかないのです。

薄毛体質の出も薄毛は治せます。

方法はわかっている。

しかし、現在でもネットで薄毛対策の情報を見ていると「育毛剤の広告」ばかり目に入る。

これが、よくない。

頭髪の完全復活を目指して、ネット情報を見ると、「この育毛剤なら生える」などと、刻々ばかり目に入る。

「そうなのか!!」
と育毛剤を試して、生えずに心を折られる。

まずは、野菜を摂ることからスタートしたいのですけれどもね。

たいていの人が、野菜ジュースにお金をかけることをせずに、育毛剤にお金をかける。

生える選択をしましょう。

育毛剤よりも野菜が大事なのです。

品質の良い野菜ジュースを3か月飲んでみましょうよ。

頭髪だけではなく身体そのものが快調になる。

ブロッコリーが育毛に作用するのです。

コレステロール基準値が気になるアナタに!【緑でサラナ】


Fotolia_38069350_XS.jpg

posted by 髪生える at 07:36| 秋の薄毛

2017年06月15日

育毛剤だけに頼らないことが育毛成功のカギだった

Fotolia_132647309_XS.jpg

抜け毛の悩みとサヨナラ「高橋式」発毛

抜け毛を予防し、発毛を最速で実現する「高橋式」育毛ノウハウ。


あなたの薄毛は解消され、太く育毛できます。
あなたも、私同様に、非常に恵まれた人なのです。


再現性の高い、「高橋式」発毛ノウハウと出会えたからです。
私も、日々、高橋由美子先生、また、育毛書籍の最高峰である、

『みるみる髪が生えてくる』

には感謝しているのです。

生える.jpg


では、早速あなたの髪の毛を太く健康的に増やしていきましょう。
テキスト(「みるみる髪の毛が生えてくる」)の16ページをお開きください。


ここで、「あなたは『フロの空焚き』をしていないか?」という文章があります。
フロの空焚き(からだき)とは、どういうことでしょうか。


それは育毛剤に頼った発毛方法をいうのです。
つまり、水のはいっていないフロをがんがん焚くようなもので、危険だけがあるということなのです。


髪の毛には、「血余(けつよ)」といわれるように、血液が充分でないままであれば、髪の毛は生えてきません。



その血液がないのに、ただただ育毛剤をふりかけても、それはムダと言う意味です。
ここで、一言誤解のないように付け加えると、私は育毛剤の効果を認めています。
ムダではないのです。



自分に合った育毛剤、あるいは育毛シャンプーなどと出会えれば、発毛することもあると体験から言えます。


ここで先生が言いたいのは、「育毛剤だけ」ではフロの空焚きになってしまうということなのですね。



内臓、特に腎臓の機能を漢方法により高め、そして育毛剤で即効で生やすとよいのです。


くれぐれも、育毛剤だけにはならないように。



発毛の根本原因を理解した上で、育毛法を実践すると、髪の毛がすくすくと太く、増えてきます。


高橋先生は、一貫して、髪の毛を太くし、また増やすには髪の毛や頭皮だけでなく、内臓をチェックするように言っています。



それは、内臓の疾患により顔に湿疹ができたのを、原因を考えずに顔に塗り薬をべたべた塗るのが効果がないように、抜け毛が発生したときに、髪の毛に養毛剤を振り掛けても、効果がでないということなのです。


原因を改善すれば、抜け毛がとまり、髪の毛が太く育つのです。




遺伝的要因さえも、高橋式であれば、大丈夫です。
育毛漢方法により、体質を改善できるから。


薄毛体質から発毛体質になるとともに、あなたの、髪の毛は復活するのです。
posted by 髪生える at 05:38| 育毛への努力

2017年04月16日

育毛の方法を知っていてもなぜ、実行できないのか

育毛の方法はしているのに、なぜ、実行しないのか?

これは人間の本性なのです。

「ほかに、もっと楽な方法はないのか?」

とノウハウばかり探す。

だから生えない。

Fotolia_51287222_XS.jpg

少しでも面倒に思うと実行しないから生えないんです。

「この方法を実行して髪の毛を生やすのだ」

と決意することが必要なのです。
posted by 髪生える at 07:44| 育毛への努力

2017年01月23日

もう髪の毛が生えないのかと悩んだ日

20代の薄毛化は恐怖そのものでした。

毎日毎日、額がハゲ上がっていく。

せっかく美形の顔なのに、「劣化が激しい」などと言われる。

悔しい。

「もう、このまま髪の毛は生えないのか」

そう考えると、居ても立っても居られない。

なんとか生やす方法を探すのだ・・・・・。

執念でしたよ。

育毛剤をパツパッと振りかけたくらいでは、遺伝的なハゲには効果は出ません。

口から取り入れる栄養成分を吟味し、

1.髪の毛にとって役立つ食べ物は摂取する

2.ハゲを招く食べ物は避ける


この単純な行動が大きな違いを生むのです。

もう、生えないと悩んだ日には、生きる気力もなかったよね。

生える兆しが見えた時、本当の自分の人生が始まった。

心が折れそうなときには、即効性の高いメンズミレットを3か月飲んでみましょう。


⇒ メンズミレット発毛


Fotolia_55789779_XS.jpg
posted by 髪生える at 20:10| 育毛への努力

2016年11月16日

髪の毛は努力で生えることがわかった

髪の毛は努力で生えます。

薄毛遺伝子を持った人が、もし、努力せずに放置していたら、どうなるのか?

「薄毛進行、一直線」

ということです。

薄毛体質の人は薄毛になるのが、ごくごく自然な流れなのです。

その流れをせき止めて、逆方向に進めるのは、努力が必要なのです。

では、どういう努力なのか?

それは時間とお金を育毛に使う、ということです。

「お金をかけない育毛法」というDVDも販売されていますが、実際にはお金をかけないと薄毛は治せない。

言いかえると、お金と時間を育毛に投資すると、髪の毛は生えてくる。

これが真実。

「いろいろと、努力したけれども、なかなか髪が生えないのです」

というご相談を受けることもあります。

そういう場合、お金を使う金額が少ないことが多いです。

多くの事例で私が考えるのは、「育毛の3大基礎」を満足させていないために、いろんな努力が無駄になっているということ。

ちなみに、3大基礎とは、

1、野菜の摂取

2.7時間以上の睡眠

3.心の平安

たいていの場合、野菜を摂っているといっても、育毛の基準から言いますと、大幅に不足しているのです。

だから、野菜スープや品質の良い野菜ジュースで補うことが大事なのです。

髪の毛のためには、とくにブロッコリー成分がいいのです。

【国産野菜をふんだんに使用した無添加の【緑でサラナ】



yubi-man04_m.png
posted by 髪生える at 07:03| 発毛法則

2016年04月23日

薄毛対策には口からとる核酸だった

あなたも何年ぶりかで昔の知人に会ったときに、

「おいおい、いつの間に、こんなにも老けたんだよ」

という印象をもったことがあるのでは?


礼儀正しいあなたのことですから、口に出しては言わないにせよ、内心では驚いていたりします。


「学生時代は美少女だったのに、いつの間にかおばさんになっているんだね」


という驚き。


でもね、


あなたがそう感じたと同様に、相手も、内心では


「えぇ〜!!Kクン、こんなにハゲてしまって、可哀想に、もう、おじいさんだわ・・・・」


と感じているのです。


あなたは、自分では、まだまだ若いと思っているのかも知れない。


しかし、あなたの身体は、あなたの意志に反して老化を進行させています。


頭髪はその一部の表れなのです。


不老長寿は人間の願いです。


男性も女性もいつまでも若々しく、異性に対しては魅力的でいたいもの。


ハゲが恐ろしいのは、


せっかくイケメンなのに、ハゲてしまうと、


「イケメンが台無し」

という状況になるから。


でも、このブログに出会えたあなたは幸せですよ。

半年の間に、髪の毛をみるみる増やして、10歳以上若返ることは可能だということを解説します。


結論から言うと「核酸を摂る」ということなのです。

しかし、なぜ、核酸がいいのかをあなたは今後学ぶ必要があります。


理屈を理解しないと、実践が続かないからね。


遺伝子レベルでアンチエイジング【核酸サプリ】



Fotolia_51129718_XS.jpg


posted by 髪生える at 10:23| 育毛への努力

2016年04月11日

髪はもう生えないと思える時の考え方

育毛に努力しているのに、髪が生えない時には心が折れてきます。

「こんなに努力しているのに、生えないのは、ハゲは治せないということなのか・・・・?」

ハゲは不治の病なのか?

そういう思いに駆られるはずです。

人間は成果が見えないことに対して、努力をし続けることはできません。

成果が出ると信じられることに対してのみ、努力をすることができるのです。

だから、3か月努力して成果が見えないと、「もう、やめた」とあきらめる人が出てきます。

ということは、3か月で何らかの成果を出せないといけないということです。

3か月で「おお、これならいけそうだ」と確信できる方法を実践することなのです。

これ以外に、薄毛対策を継続することは難しいのです。

いくつか、発毛の確率の高い方法があるので、あなたに合致した方法を、まずは見つけることです。

参考までにいっておくと、育毛剤だけで生やそうというのは、たぶん成功しません。

右矢印1 遺伝による男性型脱毛症にはこの方法




Fotolia_51287222_XS.jpg
posted by 髪生える at 04:52| 育毛の成果が見えないとき